2013年01月24日

大安寺の鉄の灯籠

昨日訪れた奈良の大安寺の境内にあった鉄の灯籠。
雨に打たれるままにそっと何げなく置かれている。
三本の脚は像の形をしていて珍しい。

2013-01-23_12463.jpg

2013-01-23_12464.jpg

案内してくれた方の話によれば、
傘には天正十八年の日付が入っていて
豊臣秀吉から送られたものとか。
灯籠の模様は秀吉の桐の紋となっているのだ。

2013-01-23_12461.jpg

Taiko.jpg

さすが古刹だなぁ…と思うところだが、
天平時代の仏像がたくさん残されている大安寺にとっては、
安土桃山時代というのは、最近のことに感じるのかもしれない。

奈良の奥深さを感じる瞬間でもある。
posted by たよろのとーさん at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

奈良の古刹 大安寺と熊本

 
今日、奈良の大安寺で、
がん封じにご利益があるとされる笹酒をふるまう「笹酒祭り」があった。

2013-01-23_12431.jpg

光仁天皇(奈良時代)が、
大安寺の竹林から刈り取った竹に酒を入れて飲み、
長寿と健康を保ったとされることにちなんだお祭りで、
50年ほど前から、がんを治したい、がんにかからないようにしたいと願う人たちが
多く集まるようになったという。

2013-01-23_12434.jpg

このお寺は、かって、壮大な伽藍を持っていて、
南大寺とも呼ばれ、南都七大寺のひとつに数えられていた。
今も多くの貴重な天平仏が安置されている。
歴史の経過の中で衰退していたこの歴史あるお寺を再興したのが、
熊本県出身の前管主 河野清晃氏である。
そのご縁で、お祭りの会場では、
奈良熊本県人会の皆さんが、ボランティアとして大活躍されていた。

DSC_0490.jpg

会場では、 1メートルほどの青竹にいれたお酒をたき火で温めた笹酒が、
着物姿の女性から参拝客にふるまわれていた。
本当に多くの参拝客でにぎわっていたのである。

posted by たよろのとーさん at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

デパートのショーウィンドーは春色

朝の通勤で阪急百貨店うめだ本店の前を通ると、
あれっ!と思う。
改装が完成してから、クリスマス→お正月とディスプレイが移り変わっていたが、
今朝(といっても、日付が変わってしまったので昨日になってしまったけど)、
春色に変わっていた。

DSC_0459.jpg

菜の花や桜などの春の花を感じさせてくれる。
折しも、冬物最終バーゲンで賑わう中だが、
もう、季節を先取りである。

DSC_0458.jpg

夕方の新幹線で大阪から熊本に移動。
博多駅周辺を通過している時に車窓から見ると
雪が白く積もっていた。

熊本の明朝の最低気温の予想はマイナス3度
う〜ん、冬の熊本の寒さは厳しいのである。
posted by たよろのとーさん at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。