2016年02月20日

春節を待つシンガポール

今月初めに訪れたシンガポール。

DSCF2151.jpg

春節を間近に控えて、
チャイナタウンは新春の飾り付けで賑やかだった。

DSCF2144.jpg

アジアの各地を歩いてみると、
改めて中華系のパワーを実感する。
どこへ行っても中華圏の人々が
それぞれの土地に定着し、
それぞれの国の人となって活躍している。
そして、由来の文化を今も脈々と引き継いでいる。
それはアジアに限らない。

DSCF2136.jpg

ところで、この投稿は1999投稿目。
次回は記念すべき2000投稿である。
ここまで積み上げてきたブログであるが、
あと2カ月ほどでこの269gは閉鎖になるとのこと。
来月には他のブログへの移行方法が示されるようなので、
円滑に引き継ぐことができればと願っているところである。

posted by たよろのとーさん at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

春節前のシンガポール

先週、シンガポールに出かけた。
この時期は雨季で、太陽が顔を出さない時間は、
赤道直下のシンガポールもしのぎやすいのである。

DSCF1808.jpg

ちょうど旧正月、春節の直前。
高級スーパーには日本の食材がいっぱい。

DSCF1822.jpg

熊本人の私の、目に着いたのは、やはり熊本産のもの。
世界最大級の柑橘類のばんぺいゆが、
ど〜んと並んでいた。

DSCF1842.jpg

お正月の贈答品に最適とか。
熊本のイチゴも!
熊本のお米も!

DSCF1838.jpg

それにしても、どちらも、すごく高額!
びっくりするのである。

DSCF1886.jpg
posted by たよろのとーさん at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

名古屋の朝はこれでしょう 小倉トースト

こちらも先週の名古屋でのこと。

小倉トースト.jpg

土曜日の朝、朝食はやっぱり喫茶店でこれを食べたい!
小倉トーストである。
トーストと小倉の不思議な出会いは、実は見事なコンビネーション。
まあ、餡パンがあるから不思議はないんだけど、
トーストのバターと小倉が、よく似合うのだ。

珈琲400円に、わずか100円プラスするだけで、
小倉トーストとゆで卵とヨーグルトが付いてくる。
昭和の香りがする、まさに「純喫茶」だね。

DSCF1298.jpg

新聞読んでる地元のおじいちゃん、三十代の女性三人組、
タクシーの運転手のおっちゃんなどが、
のんびり土曜朝が過ぎて行く。

DSCF1301.jpg

なんか、いいよね。

訪れたお店の名前は「ハセ珈琲店」。
雰囲気のあるオヤジと奥さんがやっているみたい。
チェーン店ではないのだ。
posted by たよろのとーさん at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。