2016年04月10日

枝垂れ桜も終わっていて

関西には枝垂れ桜の名所は多いのだが、
九州は桜の名所といえばソメイヨシノが中心で、
枝垂れ桜は、ほとんど見かけることがなかったのである。

DSCF3759.jpg

DSCF3770.jpg

ところが、数年前に偶然、立田山北側の公園の池の畔に、
枝垂れ桜がずらりと並んでいるところを発見。
低い山に囲まれた池のほとりに枝垂れ桜が咲くさまは、
もう、「桃源郷」という表現しかないような、
穏やかで美しい風景だった。

DSCF3776.jpg

DSCF3784.jpg

今年も楽しみにしていた枝垂れ桜だったけど、
花の時期と自分自身の時間ができるタイミングとが合わずに、
もう、無理だろうなぁと思いながら今日訪れてみた。
やはり桜の花はすっかり終えていたけど、
足元にはのイチゴやスミレなど、
春から初夏にかけての野の花がいっぱいだ。
そして、葉が茂り始めた枝垂れ桜では、
ウグイスが見事な声を聞かせてくれていた。

DSCF3767 2.jpg

DSCF3762.jpg

DSCF3769.jpg

あぁっ、春は本当にいいな!と、改めて思うのである。

ラベル:立田山
posted by たよろのとーさん at 15:13| Comment(1) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4月14日の熊本地震から5日経ちました。
毎日、毎日、このページを開けるけど、とーさんからの発信はありません。
まさか、熊本が甚大な被害に遭うとは、とーさんが被災者になるとは、誰が予想したでしょう。
木曜日の地震発生直後は、メールのやりとりが出来ましたが、時間を追うごとに、被害が拡大して、県庁で必死に業務を遂行しているとーさんに、メールを出すのをためらい今にいたっています。

とーさんの熊本通信で、いつも目にしていた、美しい熊本城。車で1時間も走れば、とーさんが癒されていた阿蘇の自然、その熊本がズタズタに引き裂かれて、ただただ悲しいです。

熊本のタグをむさぶるように読みました。
2015年10年26日の「夕暮れの熊本城」の雄々しい姿。
6月11日の「いつもの阿蘇でひと息」は、とーさんのお気に入りの場所。
5月1日の「杖立の鯉のぼり」杖立は、熊本の北東部、大分県境ですね。
2014年12月31日の「南あそ温泉癒しの里」
だご汁が美味しそうでしたね〜。

そのずべてが、地震によって壊されてしまいまいした。
天災とはいえ、これほどむごいことがおこるとは・・・。

でも、とーさんの熊本愛にあふれた「熊本通信」の写真がしっかり残っています。
いつの日か、また、熊本らしい姿に戻れますように・・・。

これ以上、余震が起こりませんよう、災害が増えませんよう、人々が傷つきませんよう、遠く大阪からですが、心よりお祈りしています。
Posted by Yuko at 2016年04月19日 19:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。