2015年08月10日

長崎で吉宗(よっそう)

長崎での昼食は何にしようか。
うまいものがいっぱいある長崎なので、
なかなか悩ましい。

でも、今回は、茶碗蒸しと蒸しずしで有名な吉宗(よしむね)へ。
東京で会社員していた頃、銀座の支店で何度かランチを食べたことがあったが、
本店に行くの初めて。

DSCF7331.jpg

DSCF7333.jpg

長崎のアーケード街はなかなか人でにぎわっていた。
吉宗はアーケード街から少し入ったところに風格ある建物。
お店に入ってみると、14時を過ぎていたが行列ができていた。

DSCF7323.jpg

下足番をしているおじさんによれは、昼時はすごい混雑だとか。
ひとなみ去ったこの時間なら、1時間とか待つことはないとのこと。
待つこと20分ほどで席に着くことができた。

DSCF7330.jpg

DSCF7328.jpg

私が食べた定食は、豚の角煮やハモも付いている豪華版。
茶碗蒸しも蒸しずしも美味なり。
味がとっても優しいのだ。
蒸しずしは見た目もすごくきれい。
何だか身も心もホッとするのである。

DSCF7322.jpg
ラベル:吉宗
posted by たよろのとーさん at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。