2013年06月12日

熊本大学の伝統を伝える YMCA花陵会館

学生時代を過ごした三十数年前から、
熊本大学周辺で今も残る建物の一つに
熊本大学YMCA花陵会の建物がある。

DSC_1689.jpg

花陵会は旧制五高のキリスト教を信じる学生で
1896年に結成されたもの。
共同で生活をしながら学業とキリスト教活動に取り組んできたとのこと。
現在残っている建物は、1931年に建てられたものである。
三十数年前でも、相当古い建物であったが、
会館自体は改修されて、当時より美しい外観を備えている。

C360_2013-06-11-18-56-26-523.jpg

会館に続いての建物は寮である。
学生時代に友人が住んでいて、時々訪れたが、
旧制高校生の息吹を感じるたたずまいがあった。
今もその伝統が紡ぎ続けられていることを
とても嬉しく思うのである。

C360_2013-06-11-18-57-41-639.jpg
posted by たよろのとーさん at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 熊本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1946/47年頃花陵会会館と庭続きの家に下宿いていました。当時中学済々黌2年生です。
とても懐かしいです。一昨年訪ねました。
現在神戸に住んでいます。
Posted by 佐藤莞爾 at 2015年03月15日 12:16
佐藤さま コメントありがとうございます。ここは、今もしっかり使われていて嬉しいです。黒髪界隈の昔の面影を残す貴重な建物だと思います。
Posted by たよろのとーさん at 2015年08月25日 22:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。